最上階に小窓を設置すると良い注文住宅

注文住宅は好きなように決める事が出来る夢のマイホームとなりますが、土地によっても金額によっても広さや値段は大きく異なります。限られた敷地内を有効活用する為に、ロフトをつける住宅が多く人気があります。ロフトは屋根裏なので、太陽の直射日光を浴びた屋根からの熱を受けやすい空間であると言えます。断熱対策や通風について十分な対策を取る必要があり、ロフトも夏場は暑さで使用できない事もあります。通風を良くして暑さを逃がす為に空気の温度差を利用する方法があり、風は空気の温度差により発生します。空気が温まると膨張して軽くなり、上方に向かう特性があります。逆に冷たい空気は縮んで下に溜まるので、夏は南から北に向かって温かい風が吹く事から南に大きな窓を設置し、北側の壁上部に小窓を設置することで、効率的に熱を逃がす事が可能になります。住宅の中央に吹き抜けを作り、1階に南窓、2階やロフト部分に北窓を設置する事で、住宅全体の風通りが良くなります。東大阪で一戸建てを建てるとき、吹き抜け上部に窓を設置すると、通風だけではなく採光も確保出来るのでオススメと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です