日当たりの良すぎる住宅も考えものかも

マイホームを注文住宅で建てた経験から言いまして、率直に言いますと、日当たりの良すぎる家は考えものだと思うのです。

ものすごく寒いような地域でしたら、日当たりの良すぎる家は最高の住宅とでも言えるでしょう。

 

しかし夏が暑い地域なのにも関わらず、日当たりが良すぎる家ですと、時に地獄のような暑さになることもありますからね。

帰宅後にびっくりしてしまうほどに、部屋の温度が上がっていることもあるわけです。

 

それに、日当たりが良すぎますと、プラスチック製の設備の劣化も早いのですよね。

わが家のトイレや室内換気扇なんて、日当たりが良すぎる家のせいで、すでにもうクリーム色ぐらいになっていますよ。

 

それにトイレは大きめの換気扇が付いていますし、そもそも窓なんてつけなくても良かったのではないかーとも思っています。

ですからやたらと窓を大きくして日当たりのいい一戸建て住宅にしたことをちょっと後悔していますね。

リフォームするにも、設備の機能は問題ないので躊躇しますし。東大阪で一戸建てを建てる際にもぜひご参考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です